HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年6月

ブログ 2017年6月

ストーリーを知る!

パキータ全幕をするので、一幕二幕のお芝居のシーンなどジュニアの子たちにもわかりやすい言葉で何度か説明をしています

そのシーンに出てお芝居するのに、情景や感情がわからなければどんな顔したらいいかわかるわけないですよね…

イベールも私が作ったストーリーなんで出演者にはメールでお話しおくりました


パキータは、調べたらわかると思います

コンクールでバリエーションをおどるにしてもいつもみんなにいっていますが…

その踊りがどんな物語のどんなシーンでどんな気持ちで踊られるものなのかをまず知る事がバリエーションもらって1番にする事です

でないと笑顔にしてもお姫様と村娘の笑顔は違うし、周りの人にする一つの手振りの意味も自分よりも身分が上の人にするのか、友達にするのかなどによって全然違う表現だからです


上のクラスの子は、ほとんどがパキータ全幕とわかってみんな勉強してくれてました!

ジュニアの子達よりも先にお芝居振付もしたし、話も説明もして来たけれど…
残念な事にストーリー知らないという中、高生が(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

もうかなり衝撃でした…
だって何度もお芝居のシーンやってきていたのに…じゃあ今までどう思ってやってきてたの?
人に合わせてただけ?
つっこみたい事だらけでした…

バレエの醍醐味は、グランドバレエであり、バリエーションではないです!!!

私自身バリエーションダンサー、コンクールダンサー育てたいわけじゃないし、バレエを踊れるダンサーを育てたい…

これも時代なんでしょうかね…

小さな頃から全幕いっぱいみて周りの人がどんな風な動きしてるかとか中、高生の頃にはそれなりに把握してるものなのかなぁと思ってました…
今までバレエ頑張ってきてた子は、そうだったし…

最近は歳もいったせいか、考え方のギャップに
考えさせられます(ーー;)

でも…バレエは古典であり、昔からの伝統を引き継ぎ発展させていく芸術だということは、この先も変わることはないです‼︎

だからこそ、知らないことは勉強しなければならないし何かの作品に触れるなら、それを知るのは当たり前の事ではないかと私は思います

ただ発表会ですから、そんな気持ちで取り組む子がいても仕方ないでしょう…
みんなで芝居するんだから、学校の学芸会などの劇と一緒で気持ちを一つにしてと願うのはダメなのかなぁとともちょっとナーバスにもなりました(涙)

でもね…
自分達のバレエに対する取り組み方がこんな感じじゃどんな先生でも成長はさせることできないと思います
やってるだけでいいなら、これでいいですけどね(・_・;


最近マイナスな内容も多くなってるブログですね…
すみません‼︎

書いてる以上に頑張ってる上の子達はいっぱいいます♡

終わってからも遅くまで練習してる子
自分から注意もらいに来る子
動画撮って研究してる子
一緒に踊る子同士で細かなとこまで合わせてる子達
いっぱいです\(^o^)/

日々成長して、私を癒してくれてます♡

さぁ、あと1ヶ月
がんばろー╰(*´︶`*)╯

ルール

クラシックバレエはルールの中で踊ります

手も足も、通るべき道が決まっていて全てそこを通過して沢山のポーズやパになるのです

いわゆるポジションです!

そして、そのポジションが美しければさらに綺麗にみえるわけです^_^

小さな頃からそこをしっかり指導してきてますから、うちのスタジオの子達の踊りは品がいいといって頂けることもあります
嬉しいことです!

今回の発表会は、他所から移ってきてくれた子が例年よりもかなり多いんです
これも有難い事です♡

その子達にも、せっかくうちに来てくれたからには踊りに変化を見せてやりたいと思ってます

私が自分の生徒に絶対やらせたくない事がいくつかあって…

1番最初に書いたようルールを守らない
プリエを使わない(膝をつかわない)
手のひらひら間違った使い方をさせない
踵を浮かせたまま踊る
足で、床をたたくようにして動く
小手先(顔だけ、手先だけ、足だけ)で全力で踊らない

などなど…

年齢によっても違いますが…

ジュニアの子達は凄く頑張って直そうとしてくれていて少しづつ私の育てたいノーブルなダンサーの方に向かおうとしてくれています!

発表会までまだ1ヶ月…

まだまだ変われると思います(^.^)
楽しみにみていきますね!

ベビークラスも頑張ってます!

今日はベビークラスについて書きたいと思います

発表会まで1ヶ月になってスタジオ内も慌ただしくなってきました(^_^;)

そんな中、焦る事なく一生懸命頑張って踊ってくれるのがベビーちゃんたちです!

今回の発表会は、2人は2回目ですが他の子はみんな初舞台なので振付を始めた時は、「この振付できるかな?」や「ちゃんと覚えられるかな?」と心配でしたが少しずつ覚えていってくれて、いつしか心配してた事が飛んでいきました(^^)

六角のベビークラスは、小品は「プレイタイム」とイベールは「呑気な騎手」と「ロンド」に出演します!

プレイタイムは発表会経験者の2人が引っ張っていってくれてます☆

IMG_1446.jpg

前回の発表会は1番小さくてお姉さんとお兄さんを見ながら頑張ってましたが、今回はすっかりお姉さんになり頼もしい存在です(^-^)

2人はイベールの方はちょっとだけお芝居をしているのですが、これも可愛いですよ(≧∇≦)

IMG_1447.jpg

ロンドの3人は初舞台ですが、しっかりしてきて今ではポーズも笑顔をバッチリ決めて踊ってくれます!

IMG_1410.jpg


吉田教室のベビークラスは、何と全員が初舞台と言うスタジオでは初めての事!

「チキチキバンバン」とイベールは4人が「小さな舞踏会」に出演します!

始め振付した頃は4人だけでしたが、春の体験で入会してくれた子たちが4人出演が決まり8人になりました(*゚∀゚*)

IMG_1457.jpg

まだ、練習して1ヶ月の子もいますが振付も頑張って覚えてくれて、みんな元気いっぱい踊ってくれてます!

舞踏会の方は、音も難しいのですが一生懸命踊ってます(^-^)
発表会まで1ヶ月あるから、もっと笑顔で踊れるようになるといいかな♩

IMG_1459.jpg


と、今回のベビークラスはこんな感じで進んでいます(^o^)

ベビーを教えるのはとてもパワーがいりますが、みんな素直に受け止めてくれて頑張ってる姿を見るとこっちが元気をもらって癒されます(*´∀`)♪

今度の合同練習で佳世先生に久しぶりに見てもらう子、初めて佳世先生に会う子もいるので、私はドキドキですが、上手になったねと言ってもらえるように頑張ろうね‼︎




パキータ通し

土曜日ほぼ全曲かけっぱなし的なな感じで通してみました^_^

小学生の出演者はいなかったのですが…
なんとかそれなりの外枠ができた感じです!

ゲストの男性達にはいってもらうとどんどんストーリーも浮き彫りになり、皆んなのテンションもあがるのできっとお芝居も楽しめてくると思います(o^^o)

ここから沢山通し稽古していきます‼︎

IMG_1428.jpg    IMG_1430.jpg


IMG_1431.jpg    IMG_1432.jpg


IMG_1433.jpg


IMG_1429.jpg


イベールの装置ですが…
こんな感じの額縁が上下にあり、みんなはそこの中でポーズしているんですよ〜
素敵ですね☆

IMG_1434.jpg


…と順調に進んでいる一方で…
バリエーションを2人で揃って踊ってるのをまだ二回くらいしか見たことないものがあります(泣)

何度も何度も音楽かけて練習するよう私だけでなく他の先生たちも声かけてますが…なぜか頑なにやってくれない…

私自身は…若い頃は
踊り込むことをずっとしてきたし、音楽が体に染み込むまでやるのが当たり前だと育ってきました

それをみんなにもずっと伝えてきたから、他の子達は、おわってからも何回も音楽かけて練習してます

音楽ってバレエやる上でなくてはならないものです
何度も聞いて踊ってると
普段聞き取れてない小さな音が耳にはいってきたり、演奏の状態に自分の気持ちや動きを合わせていくことでバリエーションがみるみる変化もしていきます

それだけでなく…
私はいつもコンクールに出る子達に言ってるのですが、「これだけ私は練習したんだ」という気持ちは、舞台に立つ自分への自信につながり背中押してくれるはず
そう胸はっていえるくらい練習してほしいとおもっています

いくらお家で頑張るといったり、練習してたりしてもスタジオで実際ポアント履いて行動しなければなんの意味ももたないくなっちゃうんです

とはいえ、私達の時代とは違ってきてるので…
そんなに練習しなくても舞台たつことも、上達してなくともあまり気にならない子達もいるのかなぁとちょっと感じてます(-_-;)
まぁ、百歩ゆずっても私個人は理解しがたいですけど(苦笑)

一ついえるのは…
発表会だし、これでもいいのかもしれませんがバレエの道いきたい、コンクールでたいなら、これば絶対通用しないってことだけわかっといてほしいです

試練



発表会まで約一ヶ月となってきました!

11回目の発表会ですが…
いつもいつも会の前には、何かしら問題が起こります(泣)

今まで何もなく穏やかに発表会迎えられたことはないんじゃないかなぁ?

今年も…
上のクラスの1人が出れなくなりました…

5月くらいからほとんど体調不良でこれてなかったし、私達も早く手をうてばよかったのかもしれないけれど…彼女が会に出ると決め頑張る事には少し特別な意味があると私が感じていたから、踊りを減らしたりなどはしたくなくて、あくまで彼女を信じようと思ってました


数日前の本人からのラインで覚悟はしたものの逃げて欲しくもなく…バレエシューズで一曲のみを提案もしてみました

でも結局出れないという決断…

その一曲については、彼女の空いた場所が構成上おかしくなるので、埋めるためには、ソリストの子を下げなければならず…
しかもたった1人を…

それは私にはどうしてもできなくて(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

それなりの妥協策にしました。。。


他の作品においても場所の変更など上の子たちが嫌な顔一つせず動いてくれて救われました…


出れなくなった彼女を責めるつもりもないし、そのお母さんの気持ちも痛いほど理解できます

私も、親だからわかりますが…
子供には笑って元気でいてほしいが1番の願いです
時には親として突き放さなければならない時もありますが…
今回の状況では、たとえ皆んなから悪くいわれようとも彼女を守ってやりたい、笑顔を取り戻してやりたいと思うのは親として当然かなと思っています

ただ…
彼女にはこの出来事忘れないで、無駄にだけは絶対にしないでほしい

周りの人やご両親の愛に守られていること

数年後、こんな事もあって今の素敵に成長した彼女になったんですと笑って振り返れる時がきてほしいし、そんな彼女に会える日を待ちたいとおもってます

毎回毎回なんかある試練にもきっと意味があると信じ、常に私の周りで毎日のように顔合わす子達が前向いて進んでいく姿をはげみに乗り越えていくとします(*^^*)




フライヤーできました!


IMG_1338.jpg   IMG_1339.jpg

発表会のフライヤーが完成してきましたっ‼︎

とってもカッコよく、上品で今年の発表会イメージのロイヤルブルーです(o^^o)

今は廊下に貼り出してありますのでみてくださいね!

近々お配りしますのでお待ちください(๑˃̵ᴗ˂̵)

男性ゲストのリハも少しずつ進み、パキータのお芝居の部分をやり始めどんどん迫ってきた感はします(^^;)

昨日は啓丞くんもきてくれ11時近くまでスタジオに…
来週水曜から、佐々木嶺くんもきてくれます

焦る反面、練習は活気に満ちてきますよね〜

通常クラスレッスンが夜は少なくなってしまうので怪我とかしないようストレッチ込みアップは各自念入りにお願いしますね*\(^o^)/*


IMG_1340.jpg
今日のプライベートのまいちゃん!
初バリエーション、初コンクールにむけても頑張ってます!

バリエーションチケットとバレエノート

バリエーションチケットは、月末に返却してもらう事になっています

書き方は…実に個性的(^.^)

枠の真ん中に丁寧に日付かいたもの
枠からはみ出して日付があるもの
シールで印を付けたもの
色分けしてその日の出来具合などわかるようにしたもの
なかには期限が過ぎても出さない人まで…

そして…
名前記入の下や、端の方に
「今月もありがとうございました」
「来月もよろしくお願いします」などのコメントをさりげなくかいたものもあります

こういった小さな気遣いって素敵だなぁと思います♡

ジプシーの衣装をお借りしたときに、それぞれの持ち主宛にに1人づつが感謝の言葉を添えて返却してくれた事以前にもお伝えしましたが…
生徒達自らがしてくれたこの行為は、とても誇らしいです!!

小さな気遣いってお互いの関係性をよりよくしてくれるとおもいます
何かお断りする時にも、断り方ってものがあると思います
そこに少しの気遣い、感謝、敬意があるのとないのではその先の双方の関係にも影響する場合もありますしね…


先月14日のコンクールクラスBの時

あまりに順番を覚えない、人見てばかりで、あくびしたり、自分の手を触ってるなどの行為が目立ち「なんのために日曜日に特別レッスンうけにきてるの?」と注意してその日のレッスン内容書いてくるよういいました

こちらも本当に様々…

きちんとわかりやすく幾つもの事かいてきた子
初めてバレエノート書いた子
少ししか書いてなく、バラバラにかいてあった子
ノートすら出さなかった子

ここで差がでます!

同じようにレッスン受けて、週何回もきても受け取り方によっては成長は著しくはないです…


チケットにしてもノートにしてもきちんとしてる子はやはりバレエの成長も目にみえてドンドン伸びてます

少しの気遣いが出来る子は、踊りの繋ぎの部分や端々に気がついていたり、誰かと一緒に踊ってるときには相手との位置関係などでも配慮ができたりなどバレエと生活って繋がってます

もちろんそれぞれの個性はあるし、精神的な成長の速度もバラバラでいいと思ってます

小さな皆んなに完璧を求めてる訳でもないけれど…

バレエしてない子達に比べたら色々なところか刺激もらえてる皆んななんで少しづつでも成長してくれたらなぁと願ってます☆

993_1497153870_0-thumb-4032x3024-1615_700x525.jpg
 


指導者セミナー

992_1497153869_0-thumb-960x718-1614_700x523.jpg



指導者セミナー2日目


昨日の続きのセンターから始まりました!

本日も細かく丁寧に説明していただきました(o^^o)

日本ではコンクールも盛んで小さな子から、ポアントを履いて大人のバリエーションを普通に踊っています

うちのスタジオも4年か5年生しかトウシューズは履かせませんが、ワガノアもそのあたりの年齢です

その年齢までは、ゆっくりゆっくりのカウントで、1つづつの動きを分解してやりますが…
日本でやれば辛気くさくてついてこないだろうし、毎日レッスンするわけではないので習得していけないでしょう

でも、それくらい大切な基盤の部分を私達は妥協してはいけないし、ちゃんと伝えていくべきだと思います


なんども桜井先生がおっしゃってましたが…

「真っ直ぐにたつ事が1番大切」
私も嫌ってほどいってます(笑)


そして…目線[!!]︎

自分の目線にある事です
視線が下がれば、引き上げられず、鏡越しに自分の足をみてやるとかダメなんです

これもいつもいつも私、いってるはずです!

私は他の先生方に補助につくとき、まず1番になおしてやって欲しいのは立ち方だと伝えてます。

お尻だして「く」の字になって立つ、または「S」のようにそっくりかえるなど絶対ダメです!

うちのスタジオの子は、アシスタントの先生達のおかげもあり、大体の子が真っ直ぐにになっていきます

他所のスタジオから変わってきてくれた子は、間違って立ってる子が本当に多く、1番最初になおしたいことは、これなんです[!!]︎

そして…普段の姿勢から少し首の傾いた子がいます

これは、その子にしたら真っ直ぐな感覚なんで本気でその子自身が首の位置をかえていかないといけません

でも…バレエでなくともその傾きは、いづれ身体の不調に繋がっていくので健康のためにも直すべきだと思います

「真っ直ぐ」
簡単なようでとても難しいです

バレエをするためには外してはいけないこと

なおしていくために、今回学んだこともふまえてみんなに伝えていきたいと思います[!!]︎


そうそう…
今日は、東京バレエ団の宮川新大くんもリハできていて一緒にうけました(^^)

コンクール会場ではよく一緒になっていて、新大くんの親戚が慈や響とも仲良くしてもらってます

またうちに指導に来てもらいたいなぁと考えてます[!!]︎


 


桜井幸子先生の指導者セミナー

9、10日は仙台の左右木先生のスクールで開催されている桜井幸子先生の指導者セミナーに参加しています!

徹底したワガノアメソッドです^_^

桜井幸子先生


橘バレエ学校にて 牧阿佐美に師事
1984年より 韓国に渡り
韓国 仙和芸術学校にて 6年間 バレエを学ぶ
韓国 梨花女子大学 舞踊科 卒業
ワガノワ メソッド 教師課程 修了
RAD(ロイヤルアカデミーオブ ダンス) Grades 6課程 修了
仙和芸術学校 バレエ教師
ユニバーサルバレエアカデミー院長
世宗(セジョン) 大学コンクール 功労賞
韓国舞踊教師協会 優秀指導者賞
バレエスタジオ ハヌル 代表


最近ユースのグランプリや上位入賞者、ローザンヌ国際コンクールでも入賞者を沢山だしている韓国の仙和芸術学校

ここ数年の韓国の著しい成長の裏には教師の成長、一貫したワガノアメソッドにあるというので
こんな時期ではありますが、このチャンス逃してはいけないと先生方に留守をお任せしてやってきました(^.^)

日本での現状の中でこのワガノアメソッドを全て取り入れるのは無理ではありますが…

やはりバレエを学ぶ上で1番大切な部分は外せなくそれをいかに生徒達に伝えていくのか…

そして年々進化していくバレエ界の時代の流れからも取り入れていくべきこともあるので、私達指導者も常に勉強していかなければならないことを更に実感しました!


今日は2時間ほどありましたが…
レベル1のバーのみで終わってしまうくらい細かく説明をしてくださりました(o^^o)


そのあとワークショップを小学生クラスを見学してきました!

後に中学生以上もありましたが、2クラス受けてる子が沢山(*゚▽゚*)

皆んなどこでも頑張ってる子は、キラキラしてますね〜☆

明日もいっぱい学んできます‼︎

明日1日先生方よろしくお願いしますm(_ _)m


IMG_1310.jpg
こんな少ない人数でしっかり教えていただけて感謝です♡

IMG_1311.jpg   IMG_1312.jpg

1

« 2017年5月 | メインページ | アーカイブ | 2017年7月 »

このページのトップへ